0120-088-344
HOME Reform Menu マンションリフォーム K邸

K邸:築50年和室のある3LDKマンションリフォーム

窓が開けずらくなった築50年110㎡のマンション。
『和室を残してキッチンは開放的に、水廻りは全て新しく』とのご依頼で始まった
リフォームプランです。

リビングに大きな梁が走る印象的な建築を、梁の位置を生かしながら空間を構成しました。
全体のトーンをミディアムウッドで統一し、フローリング材とキッチンの仕上げ材の
『木目方向を合わせ』、意識を床の方へと落とし『白い壁と天井』で空間の印象を軽くしました。ペニンシュラ型のキッチンは吊戸棚を無くし、レンジフードのみで。

ダイニングとリビングは梁の存在で空間を分け、梁下を収納スペースとして活用をしました。
キッチンサイドの和室はドアを開けるまで中の仕様に気が付かない程、
隣接する洋室と表情を合わせました。

ユニットバスの隣に洗濯機置き場を設置、洗面化粧台サイドにトイレを。
動線もスムーズに水廻りを1箇所に集中させました。
開けにくくなっていたサッシュはカバー工法で新しい窓に生まれ変わり、
快適空間となりました。